開店祝いの相場

開店祝いを贈る場合、そのお店の経営者との間柄にもよります。お店をオープンする上でこれから取引先になる人、親族、友人、知人などさまざまです。

 

現金で贈る場合、仕事関係者や身内などは、1万円から三万円が望ましいといえます。

友人、知人などは、五千円から一万円が適切だと思います。

 

物で贈る場合も同じようにその人との間柄で現金を贈るのと同じような価格で贈り物をするのが望ましいです。胡蝶蘭の花などは、一万円から三万円が相場なので開店祝いには、ちょうどよい花といえます。

開店祝いにふさわしい花言葉の意味もありますし高級感があるのでお店にも存在感をあらわします。

開店祝いには、火を連想するものは、タブーとされているのでそれらにあわせて開店祝いにふさわしいものを選ぶのが望ましいです。時計や観葉植物、花などを一万円くらいで贈れば常識がある範囲だといえます。

 

現金でも1万円を包んでいくと常識ある金額だといえます。開店祝いなどは、目上の人に現金を贈っても失礼ととらえられないので大丈夫です。

 

《参考サイト》

開店祝い.net

http://www.xn--n8jt80lr1qoyz.net/

開店祝いに関する情報が豊富なサイト。開店祝いに喜ばれる贈り物を紹介しています。

 

知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1219898112

開店祝いのQ&Aがあります。