開店祝いの贈り方

開店祝いの贈り方は、お花などが多いので花屋に直接頼むのが1番良いといえます。

花の種類で胡蝶蘭などが人気が高いです。

蘭の花の花言葉の意味に開店祝いにぴったりの幸福の到来や幸福が飛んでくるなどの花言葉の意味があるので向いているし高級なイメージが高いので蘭を贈ると喜ばれます。

 

お店に訪れることができなくても花ならオープンした日に予め予約しておくと花屋さんが届けてくれるので便利です。忘れそうな人や当日行けない人などに向いている贈り物です。

 

胡蝶蘭の鉢植えは、1万円以上から3万円くらいするのが相場です。お祝い金などは、お店に訪れた時に最初に渡すのが望ましいと思います。1万円以上でつきあいの度合いによると考えています。

 

お祝いは、熨斗をつける方が良いです。表書きは、御開店祝いや御祝いなどが望ましいです。水引は紅白蝶結びです。名前は、贈り主の名前をいれます。現金で御祝いをもっていくにはお店がオープンする日を予めきいておくか案内がきてから調べて当日にお店に訪れ直接渡します。

胡蝶蘭

開店祝いの贈るタイミング

開店祝いを贈るタイミングは、開店日より1週間くらい前から当日までの間に贈っておくのが望ましいです。

開店祝いに花を贈る人が多いので花などは、前もって贈っておいても良いと思います。

お花の場合、お店にディスプレイするので場所を取る場合が多いので前もって贈っておくと相手側も置きやすいです。開店日当日だと忙しい事も多いのでお花の対応などを避けるのも1つの案です。

 

お店で利用できそうな贈り物を贈るのもベストだと思います。花を並べる事でお店にも活気がでてきます。スタンド花などは、午前中までに届くように手配しておく方が良いです。

 

現金を贈る場合は、当日持参してお店を訪れるのが望ましいです。贈るタイミングですが六曜などにもきをつけなければいけないです。オープン当日は、お店側が気にしているので悪い日を選ばないと思いますがそれまでに贈る場合、先負や仏滅などを避けた方が良いです。贈る日を指定するようにした方が良いです。必ずカレンダーをみて確認して贈るのがベストです。

 

 

開店祝いにおすすめのネットショップ

開店祝いで胡蝶蘭が良いと書きましたが、オススメのネットショップはこちらになります。

 

開店祝いの花・開業祝いの花|幸福の胡蝶蘭屋さん

http://www.kochoran.ne.jp/opening/

大切な方の開店祝いにふさわしい高品質な胡蝶蘭を販売しているネットショップです。